前へ
次へ

主な土地活用法のメリットデメリット

主な土地活用方法には、賃貸アパートやマンションの経営、戸建経営、駐車場経営のほか、店舗経営があります。
それぞれの土地活用法のメリットデメリットをまとめてみましょう。
賃貸アパートやマンションの経営は、比較的土地を選ばず、税制面で優遇されるのがメリットです。
とくに新築マンションなら需要が高く、安定収入が期待できるでしょう。
デメリットは空き室リスクと経年劣化で、住人とのトラブルにも備えが必要です。
賃貸戸建はもっと狭い土地でも可能で、競合が少ないのが魅力です。
ゆくゆくは居宅へ転用しても売却してもいいですし、税制面での優遇処置もあります。
ただ集合住宅より空き室リスクが高く、立地が悪いと条件を下げざるを得ないのがデメリットです。
駐車場経営は何よりも初期費用が少なく手軽なのが魅力で、短期間で転用が効くのも大きなメリットです。
ただそれだけに収益性は低く、節税効果もありません。
店舗経営は、土地によっては高収益となり、経営手腕があればかなり収益性が高くなります。
ただ店舗に適した土地は限定されますし、競合店が出現すれば一気に収益が悪化する恐れもあります。
市場ニーズを先読みするような積極的な経営ができれば魅力ですが、ハイリターンでもハイリスクを受け入れる覚悟が必要です。

Page Top